よく乗る人も、
そうでない人も、
集える場に。

2021.10.15

お悩み解決

車の任意保険とは?自賠責保険との違いや種類などを解説

車の購入を検討しているときや購入時に任意保険について案内を受けたものの、任意保険の補償内容がどのようなものか、加入すべきなのか分からないとお悩みの方もいらっしゃるでしょう。この記事では、任意保険の意味や、自賠責保険との違い、任意保険の種類などについて解説します。

2021.10.15

1.任意保険とは?加入すべき保険?

任意保険とは、車やバイクを保有するときに任意で加入する保険で、自動車保険とも呼ばれています。まずは、任意保険の加入概況や役割などを解説します。

 

義務ではないが加入が望ましい保険

任意保険には加入の義務はありませんが、大きな事故を起こしてしまったときの多額の損害賠償請求に備えて加入しておくのが望ましいとされています。任意保険に加入することで、交通事故を起こしたときに、相手や自分の治療費、車の修理費などの負担を軽減できます。

 

一方で、任意保険に未加入の車も少なからず存在しています。損害保険料率算出機構の調査*によると、任意保険に未加入の車は2020年3月末時点で約25%でした。もし任意保険未加入の車で交通事故を起こすと、数千万円から1億円を超える損害賠償金が自費負担となる可能性があります。たとえ被害者であっても自分に過失が認められれば損害賠償責任が発生することもあり、さまざまな状況に備えて任意保険に加入しておくべきでしょう。

 

*出典:損害保険料率算出機構|2020年度 自動車保険の概況|第19表 任意自動車保険 都道府県別普及率(2020年3月末)

 

任意保険は自賠責保険の補償を補う役割

任意保険には、自賠責保険で補償できない範囲をカバーする役割があります。自賠責保険とは、補償範囲が対人賠償(交通事故により他人を死傷させた場合に発生する損害賠償)に限られていて、自動車保有時に加入が義務付けられている保険です。自賠責保険のみの加入では、物損に対して補償を受けられない、多額の損害賠償を賄い切れない、といったリスクがあり、それらに備えるために任意保険が存在しています。以下の図で、自賠責保険と任意保険の補償範囲の違いをまとめました。

 

自賠責保険と任意保険の補償範囲の違い

 

対人事故における自賠責保険の支払限度額は以下のように決まっています。この限度額を超える損害賠償責任が発生した場合は、任意保険の保険金からの支払い、あるいは自費負担となります。

 

損害の内容 支払限度額
傷害による損害 120万円
後遺障害による損害 75万円~4,000万円(後遺障害の程度による)
死亡による損害 3,000万円

ちなみに、自賠責保険に未加入で運転した場合、50万円以下の罰金または1年以下の懲役*1に加え、違反点数6点が追加*2されます。

 

*1 出典:e-GOV 法令検索|自動車損害賠償保障法|第八十六条の三
*2 出典:e-GOV 法令検索|道路交通法|第百三条、第百八条の三十三

 

【コラム】任意保険証券はいつ必要になる

任意保険証券が必要となるタイミングは、主に保険会社に事故の連絡をするときや保険金の請求を行うとき、契約内容を変更するときなどです。そもそも任意保険証券とは、任意保険の証券番号や契約者の氏名、住所、契約内容などが記載された書類のことで、任意保険に加入すると発行されます。

 

任意保険証券の保管場所は、原本を自宅に、コピーを車のダッシュボードに入れておくと、事故発生時に保険会社にすぐ連絡できるので安心です。なお、紛失しても契約は失効しませんが、緊急時にすぐに照会できるように再発行の手続きをしてください。近年は保険証券がペーパーレス化されていて、Webから確認できるようにもなっています。

 

2.任意保険の7つの種類

任意保険の特徴は、複数プランを組み合わせて自身に必要な補償を受けられる点です。ここでは、以下に挙げている任意保険の主要7種について、それぞれの保険内容をご紹介します。

 

補償の対象
他人 (1)対人賠償保険 (2)対物賠償保険
自身(同乗者) (3)人身傷害保険
(4)搭乗者傷害保険
(5)自損事故保険
(6)無保険車傷害保険
(7)車両保険

 

(1)対人賠償保険

対人賠償保険は、交通事故によって相手を死傷させてしまったときに、損害賠償額が自賠責保険で支払われる保険金を超える場合に補償される保険です。任意保険の中でも特に加入すべき保険として位置づけられています。補償される範囲は他人に限定され、自分への被害は対象外となります。加入時は、高額な損害賠償金の支払いに備えて保険金の支払限度額を無制限とするのが一般的です。

 

(2)対物賠償保険

対物賠償保険は、交通事故によって他人の車や建物、商品などを壊してしまい、損害賠償責任を負うときに補償される保険です。対物賠償保険も任意保険の中では基本的に加入すべき保険とされています。補償の範囲は相手の財産への被害と定められており、ガードレールや電柱などの公共物も含まれます。例えば、運転操作を誤ってコンビニエンスストアの店舗に衝突した場合、建物の修理費用に加え、商品や営業できない期間の損害などが補償されます。対物賠償においても賠償額が高額になるケースがあり、保険金の支払限度額を無制限に設定することが推奨されています。

 

(3)人身傷害保険

人身傷害保険は、事故で自身や同乗者などが死傷したときに保険金が支払われる保険です。補償範囲は、保険のタイプによって大きく2つに分けられます。1つは、契約自動車に乗っている人に限定するもの。もう1つは、設定した人物が契約自動車以外の車に乗っているときの事故まで含むものです。また、仮に相手がいない事故による損害であっても補償が適用されます。相手がいる場合は、事故の過失割合に関わらず治療費や働けない期間の収入などの損害額が補償されます。相手との示談交渉は過失割合がスムーズに決まらないケースもありますが、交渉が長期化した場合でも保険金を先払いしてもらうことが可能です。

 

(4)搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、事故で自身や同乗者が死傷したときに補償される保険です。補償範囲は契約自動車に乗っている人に限られます。保険金は、保険会社によっては症状や怪我の部位に応じて金額が定められていて、実際の負担額よりも少額になるケースもあります。人身傷害保険と比較したときに保険金の手厚さは見劣りしますが、保険金を受け取れるタイミングが数日中と早く設定されており、あえて搭乗者傷害保険と人身傷害保険をセットで加入する人もいます。

 

(5)自損事故保険

自損事故保険は、電柱への衝突や転落など相手がいない事故(自損事故)によって自身や同乗者が死傷したときに補償される保険です。補償範囲は、契約自動車に乗っている人が自損事故によって被害を受けた場合に限られます。なお、人身傷害保険に加入している車で自損事故を起こして損害を被ったケースでは、人身傷害保険が優先して適用され、自損事故保険からの保険金は支払われません

 

(6)無保険車傷害保険

無保険車傷害保険は、任意保険に加入していない車との事故によって自身や同乗者が死傷し、相手から十分な損害賠償金を受け取れないときに補償される保険です。補償範囲は、契約時に設定した特定の人物が損害を被ったときに限られます。契約自動車に搭乗していないときの事故(歩行中や契約自動車以外の自動車で移動中など)も補償対象です。また、相手が任意保険に加入していても保険金額が損害賠償額を下回る場合は、加入している無保険車傷害保険から保険金が支払われます。

 

(7)車両保険

車両保険は、衝突事故や接触事故によって自身の車に損害が生じたときに補償される保険です。補償範囲は、契約自動車が受けた損害に限定されます。相手がいる事故によって車両に損害を受けた場合に、相手が対物賠償保険に未加入であれば、過失割合によっては十分な金額を受け取れず、自分の負担が大きくなるケースがあります。車両保険に加入することで、自分の過失割合分の保険金の受け取りが可能です。保険によっては、相手がいる事故以外にも、自損事故や台風・洪水による水害、飛び石、盗難などの損害についても補償されます。

 

【コラム】代理店とネットどちらの任意保険がおすすめ?

任意保険に加入するときは、それぞれの向き不向きのタイプを把握した上で選択するのが良いでしょう。まず任意保険の加入方法は、対面で担当者と話して手続きをする代理店型とネットや電話で保険会社と直接契約するダイレクト型の2つに分けられます。

 

代理店型は、代理店の担当者と相談して補償内容を決められるので、ネットからの任意保険加入に不安がある人や補償内容についてアドバイスが欲しい人におすすめです。

 

ダイレクト型は、対面での手続きが煩わしいと感じる人や保険料を安くしたい人におすすめです。代理店手数料が省けるため代理店型よりも保険料を安くできます。ただし、年齢が若い人や等級が低い人など保険料がもともと高い人は代理店型と大差はないでしょう。

 

3.まとめ

任意保険とは、ドライバーが任意で加入する保険です。自賠責保険で補償できない範囲をカバーする役割を持ち、保険プランを組み合わせることで自身に合った補償を受けられます。任意ではあるものの、事故を起こしてしまったときや事故に遭ったときに備えて加入しておくべきでしょう。

 

【お問い合わせ先(取扱代理店)】
代理店名:株式会社ENEOSジェネレーションズ
住  所:横浜市西区みなとみらい4-4-2
電話番号:045-225-6739
受付時間:10:00~17:00(月~金、祝日を除く)

 

(引受保険会社)
損害保険ジャパン株式会社

 

※こちらの紹介文の内容は概要を説明したものです。
詳しい内容につきましては、「ご契約のしおり(約款)」「重要事項等説明書」などをご覧ください。
詳細は、取扱代理店または損保ジャパンまでお問い合わせください

 

作成日:2021年10月14日 (承認番号:SJ21-07549)

あわせて読みたい


関連記事