よく乗る人も、
そうでない人も、
集える場に。

2021.02.24

カーケア

車のシートは意外と汚れている?プロが伝授するメンテナンス術!

ENEOSの現場スタッフから車のメンテンスについて学ぶ企画「プロから学ぶ車のメンテナンス術」。今回のテーマは車のシート汚れです。 ENEOS Dr.Drive成田ウイングSSの山崎健一さんに、シート汚れの実態や簡単にできる汚れ落としの方法を聞いてきました。また、山崎さんが普段実践しているシート掃除の裏技もご紹介します! 一般の方でも簡単に取り入れられるので、ぜひチェックしてみてください。

2021.02.24

1.意外と気付かないシート汚れとは?

ENEOS Dr.Drive成田ウイングSSの山崎さんによると、車のシートは気付かないうちに意外と汚れているケースが多いとのこと。まずは、シート汚れの実態やチェック方法についてご紹介します。

 

キレイに使っているつもりでもシートは汚れていく

車のシートは、キレイに使っているつもりであっても、実は汚れている場合があります。乗車する度に、砂やホコリ、汗、皮脂などがシートに蓄積するためです。ファブリックシート(布製)の場合は色の変化が分かりづらいので、そもそも汚れていることに気付かない方が多いはずです。

 

ただし、放置しておくと汚れを段々と除去しづらくなり、車を売却するときの価格にも影響を及ぼす場合があります。自車のシートの汚れ度合いを確認するために、まずは次に紹介するチェックポイントを確認してみてください。

 

シートの汚れ度合いをチェックするポイント

シートの汚れ度合いをチェックするのに丁度良い箇所として、「ヘッドレスト」と「背もたれと座席の間」の大きく2箇所が挙げられます。これらは、直接触れることが少ないのでキレイな状態のままである場合が多く、色の差によって汚れ度合いを確認できます。

 

  チェック箇所 チェック方法
ヘッドレスト ヘッドレスト (1)ヘッドレストを持ち上げる
(2)ヘッドレストの根本の部分
  の色を確認する
背もたれと
座席の間
背もたれと座席の間 (1)背もたれを倒す
(2)背もたれと座席との間の
  部分の色を確認する

シート掃除は洗車や季節の変わり目などのタイミングで定期的に行なうと良いでしょう。車の使い方や頻度といった個々の利用条件に応じて自分でルールを決めておくと忘れずに手入れすることができます。

 

2.シート掃除のコツ【プロの裏技付き】

シートの汚れ度合いをチェックしてみると、意外と汚れていた……といった方が多いのではないでしょうか。ここからは、プロ直伝のシート掃除のやり方やコツをご紹介します。実際にサービスステーション(SS)での作業で取り入れている裏技もお伝えするので、参考にしてみてください。

 

シート掃除のアイテム6つ

シートを掃除するときに必要となる基本的なアイテムは以下の6つです。作業に入る前に、まずはこのアイテムを揃えておきましょう。

 

▼シート汚れの掃除に使うアイテム6つ

(1)掃除機
(2)バケツ
(3)中性洗剤
(4)洗浄液を馴染ませるためのタオル
(5)水拭き用タオル
(6)乾拭き用タオル

シート掃除のアイテム6つ

 

水拭きや乾拭きで使用するタオルは、マイクロファイバークロスを使うとより効率的に作業できます。マイクロファイバークロスとは、一般的なタオルよりも目が細かく、水分やゴミをよりキャッチしやすい布地です。ENEOSジェネレーションズのSSでは基本的にマイクロファイバークロスを使って作業しています。

 

また、洗剤は家庭の台所用のものを利用できます。長年にわたって蓄積した汚れは成分がより強い洗剤を使わなければ落ちないケースもありますが、軽度の汚れであれば台所用の洗剤で十分です。

 

シート掃除の6つの手順

自分でシート掃除を行なうときの基本の手順は以下の大きく6つです。

 

(1)~(6)のそれぞれの手順について詳しく見ていきましょう。(4)と(6)では、ENEOSジェネレーションズのスタッフが実践している裏技もご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

 

(1)掃除機をかける

シート掃除の最初のステップは、掃除機をかけることです。拭き掃除を行なう前に、大きめのゴミやホコリを取り除いておきます。ゴミは隙間の部分に溜まりやすく、掃除機をかけるときは、吸い口の部分を隙間にあてると吸い取りやすくなります。

 

掃除機をかける

 

(2)洗剤液を作る

シートの掃除機がけが終わったら、次は拭き掃除のための洗剤液を作ります。バケツに水を溜め、そこに中性洗剤を入れます。中性洗剤と水の割合は、1:20くらいが目安です。1Lの水に対して50cc程度の中性洗剤を入れると良いでしょう。

 

洗剤液を作るときのポイントは、洗剤の泡立ちを抑えるために水を溜めた後に中性洗剤を静かに入れることです。ここで泡立ててしまうと、その後の水拭きの工程でシートが泡まみれになり、かえって作業がやりづらくなるためです。

 

 

ポイント
  • 水と洗剤の割合は20:1程度
  • 洗剤を泡立てないようにする

 

(3)洗剤液に浸したタオルで水拭きする

洗剤液を作ったら、次はタオルを洗剤液に浸し、シートを水拭きしていきましょう。ポイントは、洗剤液に浸したタオルを硬く絞ることです。タオルに水分が多く残っていると、シートを乾かす作業に時間がかかってしまいます

 

洗浄液に浸す

 

シートを拭くときは、上から下、左から右、といったように一定方向に拭くと拭き漏れを減らしやすくなります。洗剤液をシート全体に馴染ませるために、漏れなく拭くことを意識しましょう。なお、この工程でゴシゴシと強く拭いたからといって、汚れがよく落ちるわけではありません。

 

洗浄液で拭く

 

ポイント
  • 洗浄液に浸したタオルを硬く絞る
  • 拭き漏れがないよう一定の方向に拭く

 

(4)新しいタオルで水拭きする

ここでは、水で濡らした新しいタオルを使ってシートを拭いていきます。洗剤によって浮き出た汚れをタオルでキャッチしていきます。

 

新しいタオルで水拭きする

 

【プロの裏技】

SSスタッフは水拭きのときに、マイクロファイバークロスを巻きつけたブラシを使っています。ブラシを使うことでシートに対して均一に力が入りやすく、汚れの成分をシートから掃き出しやすくなります。また専用の洗剤をシートに直接吹きかけており、(1)の後にこの作業を実施しています。

 

  イメージ 方法
1 洗剤スプレー(プロ) 汚れ落とし用の洗剤を直接シートに吹き
かける
2 タオル+ブラシ① マイクロファイバークロスとブラシを用意
する
3 タオル+ブラシ② マイクロファイバークロスでブラシを包む
4 プロの水拭き ブラシの毛がある面でシートを拭く

ちなみに、タオルのみで水拭きした場合とプロの裏技を使った場合では、次のように取り除ける汚れの量に差が出ました。

 

タオルのみ 裏技(タオル+ブラシ)
タオル拭いた後 ブラシで拭いた後

 

(5)乾拭きする

シートの水拭きが完了したら、次は乾いたタオルで水分を拭き取っていきます。シートはこれまでの作業によって、乗車したときに衣服が濡れてしまうほどの水分を含んでいます。そのため、乾拭きによってシート表面の水分を取り除く工程が必要となります。新しい乾いたタオルを用意しておき、こちらも拭き漏れがないよう全体的に拭くようにしましょう。

 

乾拭き

 

ポイント
  • 乾いたタオルを用意し乾拭きする(水拭きで使ったタオルを使わない)

 

(6)乾燥させる

シート掃除は、乾拭き後に残った水分を乾燥させたら完了です。実は乾拭きだけではシートに水分が残ってしまいます。この水分は放置しておくとカビの原因になるため、作業後に空気を取り込み自然乾燥させる必要があります。

 

乾燥(一般)

 

【プロの裏技】

車のエアコン機能を使うとシートの乾燥時間を短縮することができます。乾燥方法の手順は、ドアを締め切る、内気循環にして暖房を下向きでかける、の2つ。暖房の温度と風力を最高まで上げておきます。

 

  イメージ 方法
1 乾燥②(プロ) 全てのドアと窓を締め切る
2 乾燥(プロ) 内気循環にして暖房を下向きにかける
温度と風力を最高まで上げる

 

3.まとめ

車のシートは定期的に拭き掃除を行っていないと、徐々に汚れが蓄積してしまいます。ヘッドレストの根本の部分や背もたれと座席の間の部分の色を見てみると、汚れの度合いを確認できるので、一度チェックしてみましょう。

 

シート掃除は専門的な道具や技術が必要ないので、どなたでも簡単に実施できます。ぜひ定期的に掃除を行い、愛車をキレイなままで保ってくださいね。

 

インタビュイー紹介

【Dr.Drive成田ウイングSS 山崎健一さん】

 

※ENEOSジェネレーションズのSSで働くスタッフの仕事内容はこちらでも詳しく紹介→「カーライフビジネスを知る

あわせて読みたい


関連記事